子供との休日

釜山に住んでいる主婦のK子と申します♪

今日は仕事もないので、お昼ごはんを兼ねて子供とおでかけ♪

豪華なランチとはいきませんが、近所にできた新しいパン屋さんでパンを買い、近くの公園のベンチで日向ぼっこしながらいただきました。ようやく暖かくなってきたので、桜の木には蕾がちらほら見えてましたよ。

ただ、花粉症の人には辛い季節ですので、私を含め、マスクをした人たちをたくさん見かけました。
雨が降ったあとは特につらいですよね~。

私は割りと症状が軽いのですけど、それでも目薬が手放せないので一応メガネでガードしてます。
できれば外に出たくはないですが、子供には外でも遊んで、おひさまの光を浴びてほしいので、背に腹は変えられません・・・。

パンを食べたあとは、手芸屋さんにてお買い物です。
古くなったエプロンを新しく作り直そうかと生地を見に。

そして子供には手作りのマスク(流行ってるんですね!)の製作キットを買いました。
可愛い柄のものがたくさんあって迷いましたが子供に選んでもらって動物柄のガーゼで作ってみます。

あと、端切れがものすごく安かったので、和柄のものを集めて、布製のブックカバーを作ってみようかと思います。

いろんなハンドメイドのサイトとか見ると手縫いでも出来そうだったし、作りも単純そうだったので、いい機会かな、と。

仕事で使う本とか、長く使うと表紙がボロボロになるので紙製のカバーはしてますけど、紙もよれてくるので布がいいですね。

ちょっと一手間ですけど、今度の週末あたりに作ってみようかなと思ってます。

アラフィフになってからお肌のスキンケアが大切!

私の小さい頃からの身体的悩み。それは、’デカい’という事です・・・。小さい頃からずっと”デカ女”と言われ続けてきました。単に背が高い(167cm)というだけでなく、単に太っているというだけでなく、とにかくデカいのです。骨格がもうガッシリしているのです。

健康な身体で生んでもらった事には感謝しています。けれど、肩はいかり肩でずっとアメリカンフットボールの選手みたいだと言われ続けました。浴衣も着物も全く似合いません。肥満という訳ではなくずっと固太りみたいな感じで、中学生の頃運動部に入って凄く痩せたのですが、それでも、デカいというイメージは全く消えませんでした・・・。

その頃の私は、それでも、痩せたら少しは華奢になるかもしれない・・・と思っていたのです。なので、それからも常にダイエットを続け、20代にはかなり痩せましたが、その頃になってやっと、「ああ、どれだけ痩せても私は華奢にはならないんだ・・・。」という事が分かったのです。大汗。どれだけ痩せても、日本のデザイナーズブランドの服は小さくて、当時は着れないものが多くて・・・。涙。

身体の幅が無くて、肩とかもう折れそうに細くで、華奢な女の子を見ると本当にもう羨ましくて仕方ありませんでしたが、自分はどれだけ頑張ってもそうはならない。何年かけて気がついたの!?という感じですが・・・。大汗。スカートも、女性らしい服も全く似合いません。

アラサーになる頃にやっと、それはそれで、それが何とか長所にならないか・・・と思い始めました。無理にもう女性らしい感じを出すより、カッコイイと思われるような路線で行くしかないかな・・・と、女性らしい洋服に憧れがあったのですが、すっぱり諦めました。

開き直ってからは良い方向に進んだと思います。日本人男性にはずっと「デカすぎる」と言われてきて、女性として見てもらえない事が多かったのですが、それも開き直って、海外留学中に外人の彼氏を見つけました。海外だと私程度ではそうデカいという訳でも無かったですし、凄く居心地が良かったです。笑。

そうこうしてるうちに日本でも背の高い、体格の良い女子が昔より増えてきました。とはいえ、もうアラフィフなので悩んでいませんが。笑。

アラフィフになってお肌のことを最優先に生活するようになりました。スキンケアに詳しい友達が教えてくれた『卵殻膜化粧品』を最近使ていますよ。私にはすごくあっているのでお気に入りです。

聞きなれないひとは、このサイトを参考にしてみてください!

毛深い悩みの加減により、泳ぐことも出来ない

毛深いといろいろ悩みがあります。一番今したいことは海で泳ぐことが出来ません。女性で生理と関係があるからではありません。理由は毛深くて恥ずかしいからです。

普通なら毛深くない人は1日脇や陰部を剃ってもすぐはえてこない人もいると思います。

しかし毛深いと違います。次の日海やプールなどに行くために脇や陰部をきれいにして毛深い毛を整えます。問題はなことは今切った毛のことではなく、すぐ次の日に生えてくる毛のことです。毛深いと毛の濃さも大きいし、すぐ生えてくるから嫌になってしまします。日焼けにも弱いしどうせなら海やプールに入らない方がいいと諦めてしまいます。

もしこの状態で水着を着ようとすると水着からすぐ毛が出てしまいます。脇の毛は次の日生えてくるため、水着を次の日に着ても目立ちます。本当は泳ぐことも好きだしスイミングも習ったことがある経験があるほど好きなのですが、体の仕組みが変わり毛深くなりだんだん恥ずかしい思いをするようになりました。

毛深いと水着を着たときに目立つ毛が多いため、諦めてしまいます。自分で切ってもすぐに毛深い毛が生えてくるため、ときどき毛先と肌があたると肌が荒れてしまいます。こんな肌になってしまうなら水着も飼わず好きなときに毛を剃る方がいいと思い込んでしまいます。

今のところ中学1年生までしか水泳はしなかったため、全てを乗り越えることが出来ました。高校も共学ではなく女子高校に通ったため、水泳の授業もなくて助かりました。

もし毛が男性みたいに濃く生えてからかってくる人がいると悩んでしまいます。悩みを隠すなら水泳はないと思い諦めてしまいます。肌を傷つける加減により、処理にも困ってしまいます。

毎日剃らなければいけないと考えると毎日肌に傷がつきます。少しでも肌のお手入れもしたくて無理やり剃ることは辞めています。毛が少ないとまた悩みがあるかもしれませんが、毛深い方も悩みがあり、とても大変です。

脱毛サロンに通うことも考えているのですが、私の地元の宮崎市には意外とたくさんの脱毛サロンがあることを知りました。ありすぎて迷いますが、最近見つけた私のお気に入りのサイトを参考に、体験申込みをしたいと思います。

早く長年の悩みから解放されたいです。